TOP

最新の僕の楽しみは、友人も巻き込んでの集団風俗利用です!一人でドキドキしながら風俗を利用するのも良いですが、集団だとまた違った楽しみが味わえますよ!このサイトでは、風俗の体験談を御紹介しています!

たくさんのキャバ嬢が迎えてくれました。

学生時代は女っ気が一切なくて、社会人になっても女性の知り合いすら一人も作れませんでした。会社には女の子もたくさんいるんですけど、私の所属する部署は男性しかいませんでしたからね。そんなことを毎朝ぐちぐち私が言うんですが、職場の先輩がたまらず「女性の知り合いならキャバクラで作れるぞ」なんて、提案してきたんですよ。これって意外と真面目に言ってるんですよと反論すると、先輩もマジメにで言っていたようで、それじゃさっそく今夜行ってみようぜってことでキャバクラに行ってみました。人生初めてのキャバクラですよ。お店に入る瞬間、その店内のゴージャスさというか豪華さにかなり緊張しましたが、キャバにしょっちゅう行ってるという先輩が一緒だったのでだんだんと落ち着くことができました。まずは男性スタッフに色々説明する先輩を後ろで私は見ていただけでしたね。何を交渉しているのかわからなかったんですけど、ボックス席に通されるとたくさんのキャバ嬢が迎えてくれました。


キャバクラ求人で酷いサイトを見た

キャバクラの求人サイトはかなりの数が世の中に存在しています。しかし、1つ1つのサイトをみると非常にクオリティーが低く目を当てられないくらいです。ほとんどのサイトで言えることですが、ディレクターというか作り手の考えているサイト構成があまりにもいい加減である状況があります。まず、キャバクラの求人サイトな訳ですから、メインのコンテンツで主要となるテーマは「キャバクラ」「求人」「アルバイト(バイト)」「高収入」「高自給」といった感じでしょう。そこにエリアが入ってくるので、関西であれば「大阪」となるでしょう。ポータル系サイトでありがちなミスとしてよくあるものが、地域を絞り込みみいくページと大エリアページとの差別化ができていないケースです。仮に大阪で、「北新地」「梅田」「ミナミ」「西中島・京橋」などと別れるとして、各5店舗が存在しているものとします。個別のエリアページは良いとして、まとめた大エリアページで20店舗を見せてしまうと、ただの情報が合わさったコピーページとなってしまうわけです。もしもこれが10倍の店舗数があれば余計に大エリアページの意味のなさを感じることでしょう。ですので、本来こういったポータルサイトのエリアページを上手く表現する場合には、そもそも情報サイトであるよりもランキングサイトである場合の方が都合が良いのです。要するに、大エリアページでは50店舗分の情報しか表示せず、ランキング情報を見せるべきなのです。このランキングページが非常に重要でかつ『限定的な表示』とすることが非常に大切です。つまり、全ての情報を全く同じコピー内容で表示すると、大・小エリアで情報が被るのでサイトの構成上では絞込みができているくらいな利点しかなく意味が全くないのです。この程度のことであればほとんどのキャバクラ系のポータルサイトでは当たりま前の状況ですが、神戸という大エリアページがあって、中身は三宮・尼崎ページの集合体などのページなどがあると最悪です。そもそも兵庫県で、神戸市・尼崎市・三宮市が存在しているわけですからね。こういった基本的な構成のミスが非常に目立つと共に、適当でもサイトは成り立つと思われて作成されているサイトが多いのが現実です。以外に数が多いキャバクラの求人だからこそしっかりとしたサイトが必要なのではないでしょうか?


感触を楽しみながら2回目の発射だ

いつも通り、リザーブしてからの登廊です。ちょっと早めに、着いてしまったので、待合室で冷たいお茶をもらいながら、高級ソープ嬢のアルバムを見ながら待ちます待合室で、女の子の名前を呼ばれ階段下へ。目を上げると、コスプレした高級ソープ嬢が…ちょっと、微笑み浮かべちゃいましましたよ。たしかに、風邪ひいたとメールしましたけど、楽しくなる。手をつないで部屋まで、汗かきだから、先にバスルーム入りましょう。ということで、服を脱がしてもらいます。いつもなら、座っているソファーで、即フェラチオ・即◯なのですが。今回は、体を洗ってもらいます。お土産で、持ってきたアルコールを飲みながら、盛り上がってきた私達。女の子が、乳首を舐めてきます。そのまま、下へ進んで濃密なフェラチオ。負けじとおっぱいをいじります。そのまま、騎乗位で◯。最初は、ゆっくりだったんですが、一気にスパート。おもっきり早く◯き上げます。あっという間の発射。ちょっとまったりしたら、今度はマットです。相変わらず気持ちいいマットですね。この高級ソープ嬢は。そのまま、またまた騎乗位で◯です。今度は、ちょっとは、長く楽しめました。◯のびくびくした、感触を楽しみながら2回目の発射です